5.講座を開講し始めて2017年7月6日(木)

「私がイヤーエステを選んだ理由」シリーズ
今日は5回目のお話しです。
1.お耳の先生になった理由
2.なんで耳だったか
3.エステティシャンと耳
4.スピリチュアルと耳
と書いてきました。

私の周りには
スピリチュアルな人が6割
そんな感じです。
由佳先生は 見えないですし
聞こえないですからね。
過去生とかも見れないし
占いも出来ませんよ。
私は現実を動かし、現実と向き合うセラピストです。
ところで
今回のテーマ「講座を開講し始めて」
なんで講師になったんだっけ???
はじめの講座って何だっけ???
エステサロンでお仕事をさせて頂いているころ
化粧品の販売促進の担当で
化粧品の勉強会をスタッフ向けにしていたり
そんなところから
人前で、「知識をお伝えする」ということをしてきました。
その頃は
本当に色々とご指導いただき
「なんでそんなに上から目線なの?」
「バカにしたいい方だよね、それ」
と、愛情たっぷり、本音でぶつかり合ったものです。
そのおかげで
今は、講師という仕事を
協会のインストラクターだけでなく、
色々な所から頂くようになりました。
イヤーセラピスト インストラクターは
教えるためのノウハウ、それからカリキュラムがしっかりあります。
その通り お伝えしていけば大丈夫。
しかし
自分で頂いた講師のお仕事は
台本がありません。
そこから作り上げていきます。
失敗した講演、、、実はあります。
2時間の枠をもらっていたのにも関わらず
40分で話し終わってしまった。。。
質問コーナーで時間をと思ったけれど
質問が1件も来ない。。。
そんな経験もしました。
この3年間で
小中学校のPTA主催の家庭教育学級や
保育施設など、保護者向けの講座は
10校にもなりました。
そしてよみうりカルチャー川越では
人気の単発講座として
「耳つぼ健康法」では合計7回
開講させて頂きました。
耳かきは学校でも教えてくれませんし
出産した時のパパママ教室でも 教えてはくれません。
きっと「基準」がなかったからですね。
耳から始まるコミュニケーション
奥も深く、
色々な分野で活躍できます。
イヤーセラピスト インストラクターという仕事が
こんなにも大きく色々と仕事の幅を広げられたことに
感謝しています
そして
耳に関するお仕事が
女性の自立や、社会貢献に繋がっていくこと
町おこしや地域にも貢献できることを目指して
今日も頑張ります