講座を開講し始めて その22017年7月13日(木)

おはようございます。
本部講師の梅田です。
「私がイヤーエステを選んだ理由」シリーズ
今日は6回目のお話しです。
1.お耳の先生になった理由
2.なんで耳だったか
3.エステティシャンと耳
4.スピリチュアルと耳
5.講座を開講し始めて
お耳から始まる 色々な講座をしてきましたが
今日は
本業でもある
JEBジャパンイヤービューティ協会の認定講師としての
お話をしていきます。
協会本部の講師なので
本部にお問い合わせのあった受講生さま、
東京の会場にいらっしゃれる方は
イヤーセラピストに関しては
主に私が講座を担当させて頂いています。
インストラクターは
ただ資格を取得して
名刺に肩書を入れ
ブログのプロフィールに
「インストラクター」と書き
それだけでは
受講生さんとは出会えません。
恋愛、お見合いと同じだと
私は思っています。
ご縁事でもありますしね。
そのための「集客について」です。
由佳先生、本部だからって・・・
なんて言う人はいませんが
理事長にお任せ。。。なんてことはなく
出来る限りの努力はしています。
地域のイベントに出店して、イヤーセラピーを知って頂くように
あちこち走り回ったり
時には
3時間かけて2時間の講座。
それを3回出張で行ってみたり。
受講生さんのお子さんをあやしながら
講座をしてみたり。
ブログに書いてみたり、使えるSNS、サイトに登録してみたり。
現在
フェイスブックには(お耳の先生)と分かりやすく書いています。
少しずつですが
セラピストさんも増えてきています。

今になって、よく考えてみると

私が常 日頃考えていた
「自立した女性」
「女性が子供を抱えてでも生きていけるスキルを提案」
「親子のコミュニケーション」
イヤーセラピーや
イヤーエステが
私にとって
ドンピシャだったわけです。
普段から伝えてきたことが
大きな柱となり
現在の講師活動に繋がっているのです。