人を癒すという仕事2017年12月29日(金)

おはようございます。

本部の梅田です。

 

先日、セラピスト講座の2回目

 

そして補講に

セラピストさんも参加してくださいました。

モデルになるのも真剣。

 

情報発信の世の中。

世の中の仕事って

情報を発信することが

結構多いと思います。

販売の仕事もそうですね。

 

セラピストは

自分の持っている知識や技術をお客様に提供する「情報発信」でもありますが

セラピストは

「私が」という「が」

つまり「我」をなくすことも大切なことだと考えています。

それって

主役はあなたではなく

お客様であること。

 

お客様に心地よく

安心して頂ける技術を提供する

耳垢を取りたいからエステティシャンになりたい

 

マッサージをしていると

自分が気持ちよくなって癒されるから

セラピストに、なりたい。

 

たまに

そんな人を見ますが

それは自己満足に過ぎません。

自己満足のために

人様からお金を頂くってどうなんでしょう?

 

愛されるセラピスト

人を癒す仕事とは

 

相手の立場に立って考えて行動出来ること

 

思いやりのあること

 

相手のために考えられること

 

これが一番大切だと思っています。

 

お母さんが子供にしてあげるように

無償の愛が持てる人

 

見返りを常に求めている人は

残念ながら

セラピストには向いていないと思います。

特に

イヤーエステティシャンは。

 

耳垢を取りたいだけのエステティシャン。

正直怖いです。

 

例えば

「僕は メスを握って皮膚を切るのが好きなんだよね」

 

そんな医者にかかりますか?

たとえば

「注射をする時に針が刺さる瞬間がたまらないのよね。」

そんな病院に行きますか?

 

 

心から

For You なセラピスト、エステティシャンを

育てていきます。

 

今年の講習はこれで終了となります

 

来年も スクールを

どうぞ宜しくお願い致します。