子育てで大切な、本質のコミュニケーション2015年9月20日(日)

DSC_1678

和歌山のイヤーセラピスト講座は

今回の受講生は、子育て中のお母さんと

子育てがひと段落ついたお母さんです。

まさに子連れのイヤーセラピスト講座は、

母と子のコミュニケーションにぴったりです(*´▽`*)

休憩中は、子供を膝に置きながら、

おっぱいをあげながら、子育ての話は花が咲きます!

私は、3人の子供(24、22、20歳)は大きくなり

今の子育てグッズはすごいな~と感心して聞いていました。

しかし!

ちょっと名前は忘れたが

今、アメリカで大流行の”おくるみ”のような抱っこひも?があるそうな。

それは、お母さんのおなかの中にいるような格好で

赤ちゃんをくるんでしまうらしい。

けれど!

それは本当にいいのだろうか?

それは、あくまで・・・の様なもの

本当のお母さんに包まれているのではないのです。

子育て中のお母さんセラピストは

やっぱり!

本当に抱きしめてあげることよね。

そうそう。

偽物は偽物。

お母さんのぬくもりが一番!

うんうん!

その話を聞いて、本当にこの人たちは

本物のセラピストさんになれるっと太鼓判押したい気分になりました。

子育てを終わってる私は、

「あ~、こんな育て方をしたから、ひきこもったんやね」

「こんなお母さんやから、こんないい子にそだったんや~」

いろんな実例を見てきました。

だから!

伝えたい。

耳かきを通して、イヤーセラピストさん達に

本当のコミュニケーションを伝えたい。

お母さんのイヤーセラピスト講座は

こんな感じでやっています(#^.^#)

ps

もう一人の子育て終わったセラピストさんは(19、17、15歳)の

男の子3人のお母さん。

帰りにこっそり、

「主人にしてあげる時に、お風呂あがりでもいいんかな?

そのまま、寝かせてあげたいから」って

なんか、子供のお話しばかりやったから

言いにくかったんかな?

夫婦のコミュニケーションもバッチリ( *´艸`)

思いやりのある、こんな人に習いたいですね。

またまたps

この前、年配の人に旦那様に膝枕でしてあげてって言ったら、

「セックスもしてないのに、耳なんかほじくれません!」って

なるほど~(/・ω・)/

と、納得してしまったwww