★知ってる?痒い!アレルギーに「副腎」👂耳掃除・耳かき・耳つぼの壺☆2018年1月26日(金)

こんにちは☺

一般社団法人JEBジャパンイヤービューティ協会の中本です。

イヤーエステで

一番お客様が困ってるのは

【痒み】

「耳が痒いんです」

元々、アレルギーや花粉症などの方が

お耳痒いって言われるのが多いですが👂

お医者様に行って

お薬をくれるのは

ステロイド剤なのですが・・・

使いすぎると

身体によくないと聞きます・・・

では

お耳のつぼから

自分のステロイドホルモンが出るとしたら・・・

+++++++++++++++++++++++╋  副腎  ╋++++++++++++++++++++++

★副腎は生命維持にきわめて重要な内分泌器官の1つで、

副腎皮質と 副腎髄質の2つの部分からなっている。

 1つは皮質細胞から、ステロイドホルモンである副腎質ホルモンが 分泌される。

ステロイドホルモンはコレステロールを元にして生成 されるが、

この生成を助ける酵素系は皮質細胞の中に含まれている。

コルチゾンは、ステロイドホルモンの一種で、

コルチゾンとアドレ ナリンは

人体がストレスに対して反応する際に放出される主なホル モンです。

これらは血圧を上昇させ、

身体を闘争または逃避反応に 備えさせます。

👆

だから、痒くなるんですね(-ω-)/

◇---------------------------------◇

アトピー、じんましん、にきび、肌荒れなどの皮膚の炎症や疾患に。

また各種アレルギー疾患に。

じんましんがすっと引く場合も。

身体の中の炎症を抑える作業も ある。

◇---------------------------------◇

しかし、身体に過剰な量が投与されると、

骨組織がもろくなり、骨 格筋の萎縮、リンパ組織の萎縮などが起こる。

もう1つは副腎髄質の髄質細胞から。

アドレナリンを分泌するアドレナリン細胞と

ノルアドレナリンを分泌するノルアドレナリン細胞 とが存在している。

これらのホルモンは

抹消血管の収縮や血圧の維持に重要な働きを持っている。

この髄質細胞は、前述のように交感 神経繊維の支配を受けるため、

交感神経の興奮によってホルモンの分泌が高まる。

生体が興奮状態になったり、

生体に危険が迫ったり すると、

交感神経の興奮によってアドレナリンの分泌が行われ、

血行が盛んとなり、

危険から脱出しようとする様々な反応が起こる

👆

交感神経、出っ放しなので

身体が以上に反応する。

お耳の中も

カサカサ、ボロボロになっています👂

お耳は、副交感神経を出して

鎮めてくれる効果があるので

痒みも楽になるかも☺

耳のつぼの事

もっと知りたい方は

オリキュロミラクルストーンセラピスト講座

詳しいお耳のつぼ教えます☺